2008年04月27日

誠魂vol.1

 世界が尊敬する日本人100

 北野誠がプロデュースした「誠魂vol.1」に行ってきた。
最初は行こうかどうか迷っていたが、
ラジオで毎週告知をしていたので洗脳されてしまった。
「刷り込み」っちゅうやつですね。

 3代目桂小春団治がNewsweek日本版の特集
「世界が尊敬する日本人100」に選ばれた。
北野誠は「もっと評価されてもいいと思ったが、
そうするには自分がイベントで発信するという企画も
ありかなと思った」と思ったそうだ。
そして、「ここ10年で、長いネタを披露する番組が消滅
してしまった。今のテレビ業界は、お笑いを育てていない。
ベテラン、若手を繋げて今のお笑いブームとは違う
“本芸”を楽しんでもらいたい。」という狙いだった。

 酒井くにおとおるがトップバッターだった。
「Yesterday」のネタは最高だった。
オーケイはオチで噛んだのがいたかったが、
きちんとしたネタでした。
シンプレもよかったよ。練習量の多さが感じられた。
そして、トリは桂小春団治の「漢字悪い人々」。
この落語はタージンも絶賛していたようだが、
確かによく出来ていた。素晴らしい。

 終わってからは会場の出入り口のところで
芸人さんたちが出迎えてくれた。
Image558.jpg

桂小春団治師匠はは笑顔で写真撮影させてくれました。
Image562.jpg

 笑いのない暗黒な生活を送っている自分としては、
笑うことはとても重要なのだ。

人気blogランキング
ブログランキングranQ
週間!ブログランキング

Apple Store(Japan) 80年代特集 - セブンアンドワイ

ラベル:北野誠 小春団治
posted by たっく at 00:44| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 芸能界全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誠魂は充実したラインナップだったみたいですね。次回があれば、オイラも行ってみたいものです(出来れば、平日だといいのですが・・・無理やろなぁ〜)
確かに、最近は長いネタをしっかりと放送することが無いですね。それでも、視聴率が取れてしまう寂しい時代になってしまったのでしょうか。

笑いのない暗黒な生活って・・・(泣)

とりあえず、『相棒』劇場版までは頑張ってください。今日、CM見ました。期待感はありますな。

『少林少女』は少々、不満足でした。でも、柴咲コウはやっぱり可愛かったです!
Posted by 見習い藩士 こう at 2008年04月27日 01:55
また拝見させていただきました。
応援ポチッ!
Posted by サトシ at 2008年04月28日 19:56
こうさんへ

コメントありがとうございます。
舞台で見ると面白いですよ。
編集もされていないし、
空気がよいですね。

少林少女はラクロスほとんどしないじゃん、とかいうツッコミをしてるのを
聞きました。
Posted by たっく at 2008年05月05日 21:02
やはり、ライブ感がよさそうですね。
行ってみたいです〜。

少林少女、確かにラクロスはほとんどしてないですね。少林“サッカー”とは違いあくまでもラクロスはお飾りですよ。
全体的に薄いし、なんとなくまとまりは無かったですね。
少林サッカークラスの作品を期待していくと、がっかりするかもしれません。
Posted by 見習い藩士 こう at 2008年05月06日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック